東京土産は食べ物しか存在しないわけではない!

東京土産の定番について

東京土産の定番と言われるものを挙げていくと、和洋スイーツをはじめとした食べ物が大半を占めます。しかし、東京には食べ物系のお土産しか存在しないわけではありません。貰った人に喜んでもらえるような食べ物以外の魅力的な土産物も存在します。

浅草に関連する土産物

浅草は、日持ちが良くて万人に愛される甘い米菓子が土産物の定番と言われますが、実は他にもたくさんの定番品があります。例えば、観光客で賑わう商店街の老舗土産店では様々な分野の商品が販売されています。例えば、独創的なデザインの扇子やうちわあたりは、エアコン(クーラー)を嫌う人には喜んでもらえる事でしょう。また、箸や手ぬぐい・和風バッグといった実用性の高い生活用品も高い人気を誇ります。デジタル関連商品で言うと、風情あるご当地携帯ストラップの人気が高まっています。こけし・招き猫・提灯あたりも人気がありますが、こういったものは実用性が高いとは言えないため贈る人の趣味趣向をよく考えるようにしてください。

渋谷・原宿に関連する土産物

山手線西側の渋谷から原宿にかけてのエリアは、昭和時代から流行の発信源となってきました。その状況は今もまったく変わりがありません。衣料・雑誌・アクセサリーなど、ファッション関連の外資系ブランドは、日本に上陸する際に1号店として渋谷か原宿に店を構える傾向です。そして、テレビや雑誌・WEBにて店の特集が組まれる度に、店に行く事ができない地方在住者は羨望のまなざしでその特集をみることになります。もし、土産物を渡す相手が流行のファッションに敏感な人である場合は、全国で渋谷や原宿にしか店がない外資系ブランドの商品を東京土産として渡すのも良いでしょう。

カンパネラは海外でも有名な高級時計のブランドです。定期的にモデルチェンジを行っていますので、最新のデザインを入手したいなら、こまめにチェックすることが大事です。