ペットを購入するには?ブリーダーから直接迎えるメリットと他の購入先での注意点

犬ならブリーダーから直接購入する

ペットを買う方法として、最も好ましいのはブリーダーから直接購入する方法です。特に犬は、ブリーダーが健康状態をよく見極めてくれた良質な子犬を提供してくれます。ブリーダーから迎えると、購入する際に飼うためのしつけ方などのアドバイスも受けられ、血統管理も行われている優れた血統の子犬が多いのもメリットです。そのため、遺伝性疾患や感染症などの心配が少ない健康的な子犬を迎えることができます。健康状態だけではなく、優れた血統は気質の良さにも影響をもたらします。子犬の間、良い環境で親やきょうだいの中で育った犬は、良い社会性を身につけているのも、ブリーダーの元で育った犬の特徴です。

ペットショップで購入するときの注意点

ペットを買う人が最もよく訪れるのは、ペットショップです。ペットショップで犬や猫を購入するときには、育てられたブリーダーの名前や育った場所を確認するのがおすすめです。動物の来歴に関する質問に対して、店員が曖昧な返答しかしない場合には注意が必要です。ペットを飼うには、どのようなブリーダーに育てられたのか、さらに国内での遺伝子検査を受けているかをチェックすることは大切です。

オークションを利用するときの注意点

ペットをオークションで購入する場合、インターネットのみでの取引は禁止されています。ペットの購入をインターネットで取引したときには、業者や元の飼い主に現物確認をお願いして、直接ペットと対面しながら説明を受けることが必要です。オークションサイトによっては、生後2ヶ月を満たない犬や猫を、小さいほど高く売れるという理由で販売している場合もあり得ます。購入するには、生後56日を過ぎていなければならないため、生まれた日の確認を取るようにしましょう。

かわいい子犬を飼いたいと思ったとき、どこで探せばいいのでしょうか?子犬販売なら東京都のペットショップが種類も豊富でおススメです。