自然な印象のアイテムも多数!カラコン選びのポイント

デザインの良いカラコンで魅力をアピール

カラコンを使用してお洒落にこだわりたい時には、各メーカーの定番商品のデザイン性の良しあしにこだわることがおすすめです。特に、ファッションモデルや女優が製作に携わったカラコンの中には、ファッション誌などで大々的に特集されるものもあります。こうしたカラコンの中には、ブラックやヘーゼル、ブラウンなどのオフィスカジュアルにも最適な色合いのアイテムも多く、シンプルなデザインが好まれる傾向が見られます。また、カラコンのレンズの直径やフチの形状などに注目をすることで、個性をアピールすることもできます。その他、自分の好みのデザインのカラコンを選ぶにあたり、日ごろからトレンドアイテムのメリットをチェックしておくことが大切です。

通販でゲットできるカラコンの魅力とは

その日の気分によって複数のカラコンを使い分けている女性は少なくありませんが、お気に入りのカラコンを長く使いたい場合には、値段に注目をしながら購入先を選ぶと良いでしょう。例えば、カラコンの定期購入ができる通販サイトでは、巷のコスメショップやファッションビルなどで人気のアイテムをリーズナブルな価格でゲットできるため、女子学生や新社会人を中心に人気が集まっています。また、定期的に大手の女性向けの雑誌とコラボレーションをしているカラコンの通販サイトもあり、プライベートのコーディネートにこだわりのある人にとっても、ますます身近な存在となっています。なお、通販サイトによってメインに扱っているカラコンのメーカーが異なるため、時間を掛けてお気に入りのアイテムを探してみましょう。

カラコンとは、カラーコンタクトレンズのことです。通常のコンタクトレンズとは違い、さまざまな色がついています。

企業イメージのアップにつながる!壁面緑化で環境保護に取り組もう!

壁面緑化を行うメリットに注目しよう

壁面緑化は、人口密集地の周辺で問題となっているヒートアイランド現象の緩和につながる有意義な取り組みとして注目が集まっています。また、壁面緑化に使用する植物の種類や植栽工事の方法にこだわることで、オフィスビルの断熱性や保温性などを高めることも可能です。最近では、風水害の備えとして壁面緑化を推進している企業も増えており、一定の基準を満たす企業に対して、国や自治体による公的なサポートも行われることがあります。なお、壁面緑化を本格的に行うことで、将来的に取引先や顧客からのイメージアップを目指すこともできるため、時間を掛けて緑化計画を立てることが大切です。

壁面緑化は業者選びが大切

壁面緑化のための作業を進めるにあたり、高度な造園に関する技術が必要となるため、施工実績のある業者に依頼をすることが大切です。特に、コストを最小限に抑えながら壁面緑化を行いたい場合には、なるべく耐久性の良い植物を選んだり、メンテナンスの手間がかからない工法を取り入れたりすることがポイントです。また、業者によって得意とする壁面緑化の作業が異なるため、場合によっては複数の業者に任せるのも良いでしょう。壁面緑化を専門とする業者においては、法人向けの対応をしているところも多くあり、短時間で見積もりを出してくれるところも増えています。そこで、複数の業者に見積もりをお願いして、実際に壁面緑化を担当する職人の数や技術力などを考慮しながら、じっくりと契約先を決めることが大切です。

壁面緑化は壁の温度を下げて冷房効果を高めてくれるだけでなく、壁の緑が見る者に涼しさを与えてくれます。

2万円台から手に入る!?おしゃれに差がつく機械式時計!

違いがいまいちわからない…機械式とクオーツ式

時計探しをしてみると、ムーブメント、クオーツ、機械式などの用語がよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。ムーブメントは、時計の動力部分のことで、よく車でいうエンジンに例えられます。このムーブメントの違いで、クオーツ式と機械式に分かれます。電池を動力として動くクオーツ式と、ゼンマイを動力として動く機械式です。機械式の中にも、手巻き式、自動式があり、自動式は腕に着けている時の振動がローターを回転させ、ゼンマイを自動で巻き上げてくれます。違いを知って、自分に合った一本を選びましょう!

気になる機械式時計のメンテナンス

クオーツ式の時計は、電池が切れるまで動きますが、機械式はゼンマイを巻かないと止まってしまいます。自動式の機械時計も、つけない日があると止まってしまいます。休日などつけない日がある場合は、ゼンマイを巻く必要があります。手巻き式は、日で約5秒から20秒のズレが生じるため、同じ時間帯にゼンマイを巻くことが、安定した時を刻んでもらうための毎日のメンテナンスのひとつです。さらに、自動式、手巻き式共にオーバーホールというメンテナンスがあります。プロに預け、時計を分解し、洗浄と調整をしてもらいます。費用は約2、3万から、3年に1回を推奨するところが多いようですが、時計への愛着とお財布との相談になってきますね。

気軽に取り入れたい!おしゃれな機械式時計!

数十万以上するのではないかと高級なイメージがある機械式時計ですが、2万円台でもデザイン性に優れたものが手に入ります。ムーブメントが見えるタイプなんかもおしゃれで目を引きますね。ファッションの中でも重要なアイテムである腕時計。ちょっとこだわって機械式にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

パテックフィリップとはスイスの高級時計メーカーです。世界三大時計メーカーの一つとも数えられ、最高峰の技術力と気品を兼ね備えています。

歴史と機能性を兼ね備えたアンティーク家具

そもそもアンティークとは何か

家具の中でも歴史があるもの、格調高い種類のものは、よくアンティーク家具と呼ばれることがあります。私達が何気なく使っている「アンティーク」ですが、フランス語で骨董品の意味があります。1934年のアメリカ合衆国の関税法により、「製造後に100年を経過した、手工芸品や工芸品、美術品」としての定義付けがなされています。現在流通しているアンティークの家具は、19世紀以降に中産階級向けに作られた、実用性を重視したものが中心となっています。

アンティーク家具の魅力とは

アンティークと言われる家具は、しっかりとした木材を使い、職人の手作業により丁寧に作られたものを指しているものが多いです。木材に使われている素材は、木目の美しさが強調されているマホガニーやオーク材などを使用して作られています。それらの素材は現在探しても見つからないことが多いため、高額で売買されているお店が多く存在します。また、見る人を飽きさせない美しさを持ち、歴史的なデザインを融合した、定番の一品物といったイメージを植え付けています。アンティーク家具は、木材の品質が高いため、メンテナンスをすることにより100年以上も使い続けることが可能となっています。安価な木材で作られた大量生産型の家具は、年が経ってしまうと、傷やガタツキなどが目立ってしまうことから、数年で買い替えを余儀なくされることもあります。アンティーク家具の場合、高品質の木材とメンテナンスにより、買い替えが不要な点が最大の魅力となっています。

西洋のアンティーク家具は、今では滅多に手に入らない天然のオーク材やマホガニー材を使用して作られました。前面には凝った彫刻が施され、家具の上部や脚、取っ手などは伝統に基づいた装飾的な形をしています。

持っているだけでステータス?!機械式時計の魅力

一目置かれる機械式時計

時計といえば、電池を入れるクォーツムーブメントが当たり前の時代となっていますが、一昔前は機械式時計といって、ゼンマイを巻くことで動力を得る時計が主流でした。クォーツムーブメントは工場で大量生産が出来るため、安価に出回っています。電子回路を使ったクォーツムーブメントは、10年もすれば壊れてしまうのは仕方がありません。
一方、機械式時計のゼンマイは、正しく使用することで何十年も使い続けることが可能です。なかには親から子へと継がれることも少なくないため、持っているだけで一目置かれるファッションアイテムといってもいいでしょう。

メンテナンスにはお金がかかる

機械式時計は、定期的なメンテナンスが欠かせません。そしてこのメンテナンスにはお金もかかります。まず3年ほどでオーバーホールという作業を行います。これは部品の摩耗を防ぐために欠かせない作業なのですが、複雑なゼンマイを分解して行うため、1回に付き数万円の費用が掛かってしまうのです。
それでも高級時計と言われる機械式時計は、生産終了後30年以上経っても修理可能であるメーカーは多いです。1950年代といった古い時計でも、いまだに現役で使い続けている人もいます。メンテナンスにお金はかかりますが、自分が使っていた時計を、子どもや孫に使ってもらえるとしたら、それは夢のある話ではないでしょうか。男性であれば、こういった高級機械式時計はステータスとして格を上げるアイテムにもなります。たかが時計ではなく、されど時計なのです。

ウブロは1980年創業のスイスの高級時計メーカーです。社名はフランス語の舷窓を意味し、舷窓同様にビスで留めたベゼルが特徴です。