歴史と機能性を兼ね備えたアンティーク家具

そもそもアンティークとは何か

家具の中でも歴史があるもの、格調高い種類のものは、よくアンティーク家具と呼ばれることがあります。私達が何気なく使っている「アンティーク」ですが、フランス語で骨董品の意味があります。1934年のアメリカ合衆国の関税法により、「製造後に100年を経過した、手工芸品や工芸品、美術品」としての定義付けがなされています。現在流通しているアンティークの家具は、19世紀以降に中産階級向けに作られた、実用性を重視したものが中心となっています。

アンティーク家具の魅力とは

アンティークと言われる家具は、しっかりとした木材を使い、職人の手作業により丁寧に作られたものを指しているものが多いです。木材に使われている素材は、木目の美しさが強調されているマホガニーやオーク材などを使用して作られています。それらの素材は現在探しても見つからないことが多いため、高額で売買されているお店が多く存在します。また、見る人を飽きさせない美しさを持ち、歴史的なデザインを融合した、定番の一品物といったイメージを植え付けています。アンティーク家具は、木材の品質が高いため、メンテナンスをすることにより100年以上も使い続けることが可能となっています。安価な木材で作られた大量生産型の家具は、年が経ってしまうと、傷やガタツキなどが目立ってしまうことから、数年で買い替えを余儀なくされることもあります。アンティーク家具の場合、高品質の木材とメンテナンスにより、買い替えが不要な点が最大の魅力となっています。

西洋のアンティーク家具は、今では滅多に手に入らない天然のオーク材やマホガニー材を使用して作られました。前面には凝った彫刻が施され、家具の上部や脚、取っ手などは伝統に基づいた装飾的な形をしています。

持っているだけでステータス?!機械式時計の魅力

一目置かれる機械式時計

時計といえば、電池を入れるクォーツムーブメントが当たり前の時代となっていますが、一昔前は機械式時計といって、ゼンマイを巻くことで動力を得る時計が主流でした。クォーツムーブメントは工場で大量生産が出来るため、安価に出回っています。電子回路を使ったクォーツムーブメントは、10年もすれば壊れてしまうのは仕方がありません。
一方、機械式時計のゼンマイは、正しく使用することで何十年も使い続けることが可能です。なかには親から子へと継がれることも少なくないため、持っているだけで一目置かれるファッションアイテムといってもいいでしょう。

メンテナンスにはお金がかかる

機械式時計は、定期的なメンテナンスが欠かせません。そしてこのメンテナンスにはお金もかかります。まず3年ほどでオーバーホールという作業を行います。これは部品の摩耗を防ぐために欠かせない作業なのですが、複雑なゼンマイを分解して行うため、1回に付き数万円の費用が掛かってしまうのです。
それでも高級時計と言われる機械式時計は、生産終了後30年以上経っても修理可能であるメーカーは多いです。1950年代といった古い時計でも、いまだに現役で使い続けている人もいます。メンテナンスにお金はかかりますが、自分が使っていた時計を、子どもや孫に使ってもらえるとしたら、それは夢のある話ではないでしょうか。男性であれば、こういった高級機械式時計はステータスとして格を上げるアイテムにもなります。たかが時計ではなく、されど時計なのです。

ウブロは1980年創業のスイスの高級時計メーカーです。社名はフランス語の舷窓を意味し、舷窓同様にビスで留めたベゼルが特徴です。