ペットを飼いたい?購入する方法を知ろう!

ペットショップかブリーダーを利用しよう

犬や猫を飼いたいと考えた場合、知人などからもらうことができないなら、ペットショップかブリーダーを利用しましょう。どちらとも気軽に子犬や子猫を購入できるため、初めて飼う方にもピッタリの選択だといえます。ちなみに、施設から引き取る方法もありますが、かなり難しいことを知っておきましょう。譲渡条件が厳しいのはもちろん、前の飼い主のせいで問題を抱えてしまった犬や猫である可能性もあるため飼育自体が難しい場合もあります。

ペットショップのメリット

ペットショップで購入する大きな利点は、育てるのに必要なアイテムも一緒に手に入れられることです。スタッフに相談をすれば、売れ筋や評判のよいアイテムを教えてくれるので、新しい家族を迎え入れるのに万全な環境を作り上げられます。なお、ペットショップによっては、ペット用の保険を申し込める場合もあります。もしも、病気や怪我をしたときに最大限の治療をしてあげたいのなら、金銭的サポートをしてくれるペット用保険に加入することも考えましょう。

ブリーダーのメリット

ブリーダーを利用するメリットは、中間手数料を取られずに犬や猫を購入できることです。間にペットショップを挟むと、さまざまな手数料が取られることになりますが、ブリーダーならばそれらは一切発生しません。ただ、ブリーダーを利用する場合は、購入するときに迎えにいく必要があります。そのため、ブリーダーから犬や猫を購入するなら、訪れることができる範囲内で販売しているところを探しましょう。

子犬販売は利用者にうまくアピールして興味を持ってもらい、信用されるようになれば売上を伸ばせて成功できます。

ペットの入手方法は1つじゃない?!オススメな入手先はココ

ブリーダーを利用しよう

ペットの入手の仕方は色々ありますが、中でもオススメはブリーダーです。人気が高く珍しいペットの場合、入手は非常に困難になることも少なくありません。ブリーダーは特定の種類に特化していることが多いので、躾や育て方といった部分でしっかりとしたアドバイスをもらうことも期待出来ます。また、血統書なども付きますし、ペットの健康状態や性格といった部分を良く把握した上で入手出来るので、安心して利用することが可能です。ただし、優良な業者ほど個人との取引比率が高くなり、入手待ちになることも珍しくありません。早めにコンタクトを取ることがポイントと言えます。

動物愛護団体から引き取ろう

ペットを迎え入れようと思うものの、具体的には決まっていないという場合、動物愛護団体から引き取ることもオススメです。ペットを求める人がいる一方、残念ながらペットを手放してしまう人もいます。行き場のなくなったペットは運が良いと動物愛護団体に保護されますが、受け入れられる数には限りがあるので、殺処分となってしまうことも少なくありません。保護したペットに新しい飼い主が見つかり、愛護団体のスペースが空けば、その分、新しいペットを保護出来る様になるというのが、動物愛護団体の仕組みです。よって、動物愛護団体から引き取る形を選べば、ペットの命を救うことにも繋がります。特に拘りがない場合や、広くペットの幸せを考えるなら、動物愛護団体から引き取る形も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

子犬販売なら東京のブリーダーを利用すると、親犬の愛情をたっぷりと受けた健康的な子犬を購入することができます。

ペットショップにする?ブリーダーから購入する?ペットの買い方を選ぼう

色々な種類から選ぶことができる

子犬や子猫などを購入できるお店としては、ペットショップがあげられます。お店では、様々な種類の子犬や子猫が販売されており、そこから好みに合う子犬や子猫を選んで購入し、自宅に連れて帰ることができます。飼育に必要なケージやフード、食器類やペットトイレなどもすべて揃えられることもペットショップを選ぶメリットです。ペットショップはトリミングサロンを併設していることも多くなっていますので、購入後もヘアカットやシャンプーなどのペット美容も利用することができます。ペットショップで良い子犬や子猫を選ぶためにも、清潔な環境で飼育されているか、販売している子犬や子猫が元気に過ごしているかはしっかりとチェックしておきましょう。スタッフの対応が良いか、動物に関する知識が豊富かどうかでも信頼できるお店かどうかを判断できます。

ブリーダーから購入する場合

子犬や子猫などのペットを購入する方法では、ブリーダーから購入することもあげられます。飼いたい犬種や猫種が決まっている場合は、その種類について詳しい知識を持っているブリーダーから選ぶこともおすすめです。ペットショップとは違い、フードやペット用品を購入することはできませんが、飼育についてのアドバイスを受けることもできます。ペットショップでの購入にはないメリットとしては親犬や親猫の姿を確認できるということもあげられます。さらに店舗を介することなく、繁殖者から直接購入することができますので、良質な子犬や子猫がより安価で購入できるのも嬉しいところです。見学に行く際は、衛生環境の良さやブリーダーが信頼できる人であるかもしっかりと見極めたいところです。

子猫販売と言えば、ペットショップを思い浮かべる方が多いと思いますが、子猫販売なら東京のブリーダーも行っています。健康な子猫が割安で購入できたり、購入後の相談も親身になってくれたりするところが多いです。

自分にピッタリの個体が欲しい?ブリーダーを訪れよう!

ブリーダーは種類が少ないけれど数多くの個体がいる

ペットショップには多くの種類の犬や猫がいます。しかし、多くのところでは一種類につき一匹の個体しかいないため、すでに購入する種類が決まっているなら選択肢がとても少ないといえます。もしも、多くの個体の中から選びたいのなら、ブリーダーの利用を考えましょう。ブリーダーは種類は一つか二つくらいしか取り扱っていませんが、その分同じ種類の個体がたくさんいます。見た目が違うのはもちろん、性格も各個体で異なるので、しっかりと選べば自身にピッタリの犬や猫を飼えるでしょう。

見た目だけならホームページで確認可能

まずは見た目を確認したいだけならば、ブリーダーが運営しているホームページを訪れてみましょう。現在、販売している犬や猫の写真が載っているため、見た目の確認が可能です。もちろん、生年月日も掲載されているので、子供なのか大人なのかすぐに分かります。なお、子供の写真を見る場合は親の写真のほうも見るようにしましょう。親の状態を見ることで、大人になったときの大きさや見た目をイメージしやすくなります。

性格を知りたいなら会いにいこう

犬や猫を一般販売するブリーダーならば、ほぼ間違いなく見学を受け付けています。実際に犬や猫たちに触れあえるので、活発だったりおとなしかったりする性格を知ったうえで購入ができます。ただし、見学するためには予約が必須なので、訪れる前に必ずブリーダーに連絡を入れるようにしましょう。ブリーダーには犬や猫を大切に思う方が多いので、無礼を働いてしまうと購入できなくなる可能性があります。

子犬販売なら神奈川といわれる理由はワンストップサービスが実現しているからです。保険の加入やトリミンング、病気の相談などあらゆることに対応しているのです。

新しい家族を迎えよう!基本の流れをチェック

犬種によって特徴が異なる

一口に犬と言っても沢山の犬種が存在しますが、種類によって特徴が大きく異なりますので、違いを踏まえて判断をすることが大切です。散歩に掛かる時間や掛かりやすい病気、世話に要する費用など、色々な項目を確認しつつ、生活にマッチするかどうかを考え決めていくようにしましょう。

どんな探し方があるの?

犬種が決まったら実際に探してみましょう。探し方としてはペットショップがひとつに挙げられますが、ショップによって用意されている犬種が異なるため、色々な店舗を巡ってみるのがおすすめです。また、単に犬種の種類だけをチェックするのではなく、適切な飼育がされているのかどうかということをはじめ、健康的な様子があるのか、店員の知識は豊富で信頼ができるのかなども、併せてチェックすることが大切です。特定の犬種に決まっているようなら、直接ブリーダーから譲ってもらうのも良いかもしれません。ブリーダーですと色々な子の中から選択できる余地があることも多く、相性を確認しながら見極めることが可能です。なお、ブリーダーに相談をする場合も、信頼ができる相手なのかをしっかりとチェックするようにしましょう。

必要な道具を準備しよう!

世話をするにあたって用意しなければいけない道具がいくつかあります。室内飼いの場合ですとケージやトイレ、寝具などが必要で、きちんと環境を整えてあげることで自宅にも馴染みやすくなるはずです。小さい子の場合はまだ散歩に行くことができないため、散歩用のリードやハーネスなどはまだ不要かもしれません。犬種次第では短期間で大きく育ちますので、成長の様子を見ながら適したサイズを用意するのがおすすめです。

子猫販売のお店では展示ケースの内部が綺麗に掃除されているか、猫達の毛並みが整っているのかを注視することが大切です。

ペットを購入するには?ブリーダーから直接迎えるメリットと他の購入先での注意点

犬ならブリーダーから直接購入する

ペットを買う方法として、最も好ましいのはブリーダーから直接購入する方法です。特に犬は、ブリーダーが健康状態をよく見極めてくれた良質な子犬を提供してくれます。ブリーダーから迎えると、購入する際に飼うためのしつけ方などのアドバイスも受けられ、血統管理も行われている優れた血統の子犬が多いのもメリットです。そのため、遺伝性疾患や感染症などの心配が少ない健康的な子犬を迎えることができます。健康状態だけではなく、優れた血統は気質の良さにも影響をもたらします。子犬の間、良い環境で親やきょうだいの中で育った犬は、良い社会性を身につけているのも、ブリーダーの元で育った犬の特徴です。

ペットショップで購入するときの注意点

ペットを買う人が最もよく訪れるのは、ペットショップです。ペットショップで犬や猫を購入するときには、育てられたブリーダーの名前や育った場所を確認するのがおすすめです。動物の来歴に関する質問に対して、店員が曖昧な返答しかしない場合には注意が必要です。ペットを飼うには、どのようなブリーダーに育てられたのか、さらに国内での遺伝子検査を受けているかをチェックすることは大切です。

オークションを利用するときの注意点

ペットをオークションで購入する場合、インターネットのみでの取引は禁止されています。ペットの購入をインターネットで取引したときには、業者や元の飼い主に現物確認をお願いして、直接ペットと対面しながら説明を受けることが必要です。オークションサイトによっては、生後2ヶ月を満たない犬や猫を、小さいほど高く売れるという理由で販売している場合もあり得ます。購入するには、生後56日を過ぎていなければならないため、生まれた日の確認を取るようにしましょう。

かわいい子犬を飼いたいと思ったとき、どこで探せばいいのでしょうか?子犬販売なら東京都のペットショップが種類も豊富でおススメです。

ペットショップで犬や猫を飼う時にチェックしたいポイントは?

展示されているペットの様子をよく観察しよう

ペットショップで犬や猫を飼う際には、お目当ての種類のペットが販売されている店舗へ直接足を運んで、展示されているペットの様子を観察することが大切です。ペットの栄養状態や性格、生育環境などは、各店舗のホームページを見ただけでは分からないこともあるため、実際に店内のスタッフに話を聞くことがおすすめです。最近では、テレビや雑誌などで話題の犬や猫を中心に展示販売を行っているペットショップの数が増えていますが、同じ種類のペットの販売価格が店舗によって差があるため、時間を掛けて相場を把握することがポイントです。なお、ペットショップの店頭で展示されていない犬や猫を購入したい時は、各地のブリーダーからの取り寄せが可能かどうか確認しましょう。

ペットの購入後のサポートも重視しよう

顧客サービスが良いペットショップの中には、飼い主の負担を軽くするため、定期的な予防接種や去勢手術、自治体への届け出など購入後のサポートを行っているところが多くあります。また、希望者を対象に無料でペットの正しいしつけの方法やペットフードの与え方、散歩の頻度など大事なポイントについて分かりやすく指導をしてくれる店舗もあります。そこで、ペットの飼育経験が少ない人は、店舗ごとのサービスの内容をよく把握して長く付き合えるところで購入をすることがおすすめです。その他、仕事のために家を離れることが多い人は、ペットショップの店員に相談をして、近隣のペットホテルを紹介してもらうのも良いでしょう。

昨今猫ブームの世の中ですが、子猫販売なら東京都がやはりお勧めです。その理由は東京都は日本の一大都市なので人口も多く、しかもペット可のマンションも多いため、猫を飼育しやすい環境が整っているからです。