屋上緑化がもたらしてくれるメリット!3選

日々の疲れから癒してくれる

屋上緑化が急速に広まりつつあることから、屋上に庭園があるオフィスビルは多くみられます。そもそも屋上緑化とは、ビルの屋上の空きスペースに芝生などを設置して緑化することです。屋上緑化の最大のメリットは、人間に癒しを与えてくれることです。現代人は、仕事で日々忙しく働いている人が多く、ストレスを感じやすいものですよね。そこで、芝生の緑色を見ることで、ストレスを解消するとともに癒しの作用が得られるというわけです。

省エネ効果があります

植物による断熱効果によって省エネが期待できることもメリットです。都市部では道路の大部分がアスファルトやコンクリートで覆われていることから、直射日光に長時間当たると熱がこもりやすくなってしまいます。また、猛暑の時期はエアコンを使う家庭が多く、その排熱の影響で夜でも気温が下がりづらくなっています。その点、屋上緑化にすることで直射日光から建物を遮ることが可能です。さらに、植物からの蒸散作用で周辺の気温を下げられるので、エアコンの冷房費の削減に繋がるというわけです。

雨水の浸水を防ぐことができる

屋上緑化は、夏に多い豪雨の際に屋上から雨水が浸水したり、漏水したりするのを防げるというメリットがあります。そもそも屋上がコンクリートでできていると、集中豪雨や雨水の流出で雨漏りが起こりやすくなります。その点、建物の屋上に植物を植えておけば、土が水を吸収してくれます。防水性に優れているので、屋根から雨漏りしにくくなるということです。

屋上緑化は、緑による癒し効果があるのはもちろんですが、空気の浄化や二酸化炭素の軽減など環境問題の解決にもつながります。